airweave コラボレーション

睡眠コラム

眠りが深い人はなぜ美しいのか? ~快眠は最高の美容法〜

仕事に家事にプライベートに、日々忙しく生活している現代の女性たち。

今回の睡眠コラムでは、多忙な毎日を送りながらも美しくありたいと願う方々に向けて、睡眠と美容の深い関わりと、眠りから美しくなる方法についてお話しします。


十分に眠れていない日本の現代女性たち
朝早く出勤し、夜遅く帰宅。家事を終え、しばらくスマホを眺めて深夜に就寝……。
短い睡眠時間や夜更かしが美容によくないと感じながらも、そうした慌ただしい生活を続けている女性は少なくありません。お肌のために、できればたっぷり眠りたい──。そうは思っても、今以上に睡眠時間を増やすことは、大半の人にとって簡単な話ではないというのが実情です。

日本に暮らす人々は、諸外国に比べても、特に睡眠時間が短いというデータがあります。日本では、十分な睡眠をとれていない「睡眠不足症候群」の人が多く、各国の平均睡眠時間は、フランス8.7時間、アメリカ7.5時間に対し、日本は6.5時間。さらに、日本では睡眠時間が6時間に満たない人が約40%もいると言われています。また、「眠りたい時間」と「実際の睡眠時間」の差が諸外国に比べて大きいとの調査結果も。つまり、日本では「もっと眠りたいのに眠れていない人」が多いのです。


眠りから美しくなるには──睡眠の質に目を向けよう

美容や健康のためには、なるべく適切な睡眠時間を確保したいもの。しかし、忙しくて十分な睡眠時間が確保できないからといって、失望することはありません。

忙しくても美しくありたい方に特に意識していただきたいのが睡眠の“質”です。ぐっすり眠って睡眠の質をあげることは、眠りが持つ力を大きく高めることが分かっています。忙しい方は毎日の睡眠時間を十分に確保するのが難しいからこそ、限られた時間の中でいかに睡眠の質を高めるかが重要になってきます。
 

眠りが深い人は美しい──睡眠と美容の深い関わり
美容にとって、良質な睡眠はなぜ大きな意味を持つのでしょうか?

①良質な睡眠は「成長ホルモン」を増やす
その第一の理由が、成長ホルモンです。良質な眠りの中で多く分泌される成長ホルモンは、細胞の増殖や新陳代謝を促進させ、脂肪を分解し、コラーゲンを形成するなど、健やかな美を保つ上で大きな役割を担っています。ダメージを受けた肌を修復してターンオーバーを促すのも、この成長ホルモンの働き。皮膚の柔軟性や保水量UPをはじめ、肌や髪の若々しさを保つにも欠かせない存在です。
成長ホルモンの分泌が減ると、肌の老化を早めるとともに、代謝が落ちて体脂肪を溜めやすくなってしまいます。美肌やアンチエイジングのためには、成長ホルモンの分泌を活発に保つことが、どんな高価な美容液よりも心強い味方になるのです。

②良質な睡眠は過食を抑える

また、健やかな睡眠は、食欲をつかさどるホルモンのバランスを整えてくれます。私たちの食欲は、胃から分泌され食欲を高めるホルモン「グレリン」と、脂肪細胞から分泌され食欲を抑えるホルモン「レプチン」のバランスによってコントロールされていますが、睡眠が不足すると、このふたつのホルモンのバランスが乱れて、過食や暴食を招いてしまいます。良質な睡眠は、ダイエットにも重要な役割を果たすのです。


“美しくなる眠り”を叶えるカギ
私たちは「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」という2種類の睡眠を繰り返しながら眠っています。“美しくなる眠り”を叶えるために、重要なカギとなるのが、入眠直後90分のノンレム睡眠の質を高めること。
驚くことに、全体の中で最も深い眠りとなるこの寝始めの90分に、成長ホルモンの70〜80%が分泌されると言われています。実は、みなさんが良く知っているお肌の「シンデレラタイム」とは、22時~2時に寝ることではなく、この寝始め90分のことだったのです。つまり、“真のシンデレラタイム”である入眠直後の90分に良質な睡眠をとることが出来れば、成長ホルモンの8割近くを確保できることになるのです。忙しい現代女性こそ、是非、この“真のシンデレラタイム”にぐっすり眠ることを心がけ、美しさを手に入れてください。


眠りの質を高める睡眠環境とは
ぐっすり深く眠るためには、脳も体もリラックスできる睡眠環境や習慣が大切です。

快眠を叶える習慣リスト
□ 朝起きたら太陽の光を浴びる
□ 適度な運動でリラックス
□ 夜遅い時間のカフェインやアルコールの摂取を控える
□ 就寝90分前に、体温より高めの熱すぎないお風呂に入る
□ 就寝前は明るすぎる光(スマホやTV、PCなど)を避け、暖色系の光の中で過ごす
□ 自分に合った入眠前のルーティン(読書や音楽、アロマなど)を取り入れる

起きている時にどう過ごすかはスムーズな入眠を促進するために重要な役割を担っています。

眠りを支えるための寝具は、通気性と保温性に優れたものを選びましょう。体温が上がりすぎたり、下がりすぎたりすると良質な睡眠を妨げてしまいます。また、体圧を均等に分散し、寝返りがしやすい寝具がおすすめです。枕は通気性がよいものを。通気性に優れた枕は、脳の温度をスムーズに下げ、休息効果を高めてくれます。

その他、寝室の温度や湿度、五感に働きかける光や音、香り、インテリアなど、様々な要素から睡眠環境を見直してみましょう。


良質な睡眠こそが最高の美容法
良質な睡眠には、私たちを体の内側から美しくしてくれる力があります。若々しい肌、輝く髪や瞳。そして、疲れや脂肪を溜め込まない、太りにくい体。あなたも毎日の眠りから美しさを手に入れてみませんか?