airweave コラボレーション

睡眠コラム

睡眠で夏バテ知らず!?〜暑い夏を乗り切る睡眠の秘訣〜

太陽の光が日増しに強くなり、夏の厳しい暑さが続く毎日。海に山に、楽しいイベントが多いシーズンですが、猛暑や寝苦しい夜が続くと、体調を崩してしまう方も増えてきます。いわゆる「夏バテ」に負けないためには、夏ならではの睡眠対策をとることが大切です。

今回は、暑い夏を乗り切るための睡眠の秘訣についてお話しします。

「自律神経の乱れ」が夏バテを招く

夏に食欲が落ち、全身がだるい、眠れない、頭がうまく働かず、気分が晴れない──。暑気あたりや暑さ負け、夏負けなどとも呼ばれる夏バテは、夏の暑さや多湿が続くことに影響を受けて起こる、心身の不調を指します。

夏バテは一体なぜ起こるのでしょうか?
その大きな原因は、自律神経の乱れにあると言われています。

体内で意思とは関係なく常に働いている自律神経は、呼吸や体温、心臓、胃腸の働きをコントロールし、ホルモン分泌や代謝を調整するなど、私たちの生命を維持するために欠かせない存在です。「交感神経」と「副交感神経」の 2 つから成り立ち、活動時は「交感神経」、休息時は「副交感神経」が優位に働くことでバランスを保っています。

特に夏の季節は、暑い屋外とエアコンの効いた屋内を移動することが多く、気温と湿度の急激な変化にさらされやすいシーズンです。自律神経には、体温の上昇時に汗をかいて血管を広げることで熱を逃がす働きがあり、気温や湿度の急激な変化が続くと、バランスが乱れやすくなります。

また、自律神経の不調は体だけでなく、心の病気の原因にもなると言われており、頭痛やストレス、疲労感、イライラ、肩こり、冷え性など「何となく調子が悪い」という違和感の根っこには、自律神経の乱れがあることが少なくありません。それほど自律神経は、私たちの生活において大きな役割を担っているのです。

 

自律神経と眠りの関係

実は、自律神経は眠りと深い関わりがあります。自律神経のバランスがよければ深く眠ることができ、深く眠ることで自律神経が整う──。自律神経と睡眠は、そんな“正のサイクル”を持っています。スタンフォード大学の西野精治教授によると、睡眠の中で最も深い眠りが訪れる「寝始めの 90 分」をしっかり眠ることは、自律神経を整える最高の方法なのだそうです。

しかし、高温多湿による寝苦しさに悩まされたり、エアコンの使いすぎによる夏冷えに苦しんだりと、熟睡を妨げる難題が多い夏の夜。満足な睡眠がとれなければ、自律神経の乱れだけではなく、体調そのものを崩しやすくなります。それでは、寝苦しい夏に快眠を得るためにはどうしたらよいのでしょうか?
 

“夏型睡眠”で夏の睡眠問題を解決しよう

「自然な体温調節」を意識する

睡眠の質を高めるには、自然な体温調節を保つことが欠かせません。そのカギとなるのが、脳や内臓といった体の内部の温度である「深部体温」。この深部体温が就寝時にスムーズに下がると、良質な睡眠を得られると言われています。寝苦しい季節は、特に深部体温の低下を妨げない工夫が重要です。
 

エアコンの使い方を見直してみる

就寝時のエアコン利用は、熱帯夜の寝苦しさを和らげ、「夜間熱中症」を防ぐためにも大切です。自然な体温調節を狂わせないよう、エアコンの使用時は設定温度を下げすぎず、部屋の温度と湿度を一定に保つようにしましょう。
 

通気性に優れた、蒸れにくい寝具を選ぶ

高温多湿な夏は、睡眠時にたくさんの汗をかきます。寝具は通気性と熱放散に優れ、蒸れずに自然な温度変化を促してくれるものを選びましょう。
こうした特長を備えたエアウィーヴのマットレスパッドは、就寝時の深部体温をスムーズに下げ、快眠へと導いてくれます。
 

ぬるめのお風呂で深部体温を下げる

快眠のために上手に活用したいのがお風呂。深部体温は上がった分だけ大きく下がろうとする性質を持ちます。就寝 1〜2 時間前に、体温より高めの熱すぎない湯船で体を温めると、深部体温が自然に下がり、スムーズに入眠しやすくなります。

“夏型睡眠”への切り替えを意識することで、寝苦しい夏でも眠りの質を上げることができます。毎日の睡眠から夏バテしにくい身体をつくり、暑い夏を乗り切りましょう。


 良質な睡眠をとるための“超一流の眠り方”『スタンフォード式 最高の睡眠』(西野精治教授 著書)はこちら
 良質な睡眠を促す寝具「エアウィーヴ」の特長
 エアウィーヴの睡眠研究について