airweave コラボレーション

コラボレーション

【講演会】 慶應丸の内シティキャンパス定例講演会『夕学五十講』

第1回「世界の睡眠を快適にするエアウィーヴの挑戦」
弊社代表取締役会長兼社長 高岡本州が講演いたします。

エアウィーヴは、2007年の発売以来、寝具業界にイノベーションを起こし、設立10年あまりで寝具のトップブランドになりました。寝具は新規参入が極めて困難な業界で、エアウィーヴも発売当初は全く売れず広告やPRも紆余曲折を繰り返しました。
この講演会では、オリンピックのアスリートをユーザーにし、高級ホテルでの採用され、スタンフォード大学との睡眠研究など、エアウィーヴの行なったユニークなブランド戦略の解説、そして2020東京五輪の寝具パートナーとしての今後の世界へのグローバル戦略を説明します。

開催日時:2017年10月3日(火)18:30-20:30(会場18:10)
開催場所:丸ビルホール(丸ビル7階)
参加費:5,400円(税込)

申込み方法:インターネットまたはFAXにて承ります。
https://www.sekigaku.net/Sekigaku/Default/Normal/SekigakuTop.aspx
FAX 03-5220-3129
 

<プロフィール> 高岡 本州(たかおか もとくに)
株式会社 エアウィーヴ 代表取締役会長兼社長 
1960年生まれ。
1985年慶応義塾大学大学院修士課程修了。
1987年スタンフォード大学大学院修士課程修了。
1998年日本高圧電気株式会社代表取締役社長就任。
2004年株式会社エアウィーヴ設立。
2014年11月より会長職に就任し現在に至る。
 

コラボレーション

【リリース】 株式会社エアウィーヴ 楽天を引受先とする約12億円の第三者割当増資を実施

第2の成長へ 「睡眠のトータルソリューションカンパニー」への進化 

株式会社エアウィーヴ(東京都中央区八重洲、代表取締役会長兼社長:高岡本州、以下エアウィーヴ)は、このたび楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)を引受先とする、約12億円の第三者割当増資を実施しました。これにより、楽天は創業者に次ぐ主要株主となりました。エアウィーヴが金融機関以外からの外部資金を調達するのは初めてです。これを受けてエアウィーヴは、「睡眠のトータルソリューションカンパニー」への進化とともに、IPOを視野に入れた体制強化を図ります。

エアウィーヴは「マットレスパッド」において新市場を創出するなど、革新的な素材をベースに寝具業界にイノベーションを起こし、設立10年あまりで売上高100億円を超える規模に成長しました。
さらに人工羽毛のかけ布団、ベッドマットレスなど、革新的な商品を継続的に投入し、近年は「総合寝具メーカー」に変貌しつつあります。加えて2016年には、スマートフォンで睡眠の質を計測する「睡眠アプリ」をリリースしました。今回の資金調達の目的は以下の通りです。

■新規事業開発及びR&D
・睡眠に関するビッグデータの解析、及びより精度の高い睡眠計測・より質の高い睡眠環境を提供するためのIOT開発投資
・創業時から国際的研究機関などと継続している「睡眠研究」 の更なる強化と、
その成果のビッグデータ解析、IOTなどへの応用
・他業種とのアライアンスを含めた新事業開発

■海外事業の強化

■財務体質の改善

■システム導入や人材確保による内部管理体制強化

今回の出資に関して、 楽天株式会社 常務執行役員 インベストメカパニー プレジデントで、 楽天の投資事業である 「キャピタル」を統括する高澤 廣志氏は次のように述べています。

 「“Sleep Technology”を核としたエアウィーヴのビジネス構想は注目を集めており、非常に魅力的かつ有望です。今回の出資がエアウィーヴにとって、さらなる技術向上のため、また、国内だけではなく世界に向けてビジネスを拡大するための一助となることを期待しています。」


当社の高岡 本州 は次のように述べています。

「『睡眠負債』という言葉を頻繁に目にするなど睡眠に対する世の関心が高まっている中、エアウィーヴは様々な異業種企業から睡眠に関するコラボレーションのご提案を受けており、これらを通して、事業機会が拡大すると考えております。これらのコラボレーションの実現には先進のIT技術が必要です。今回の出資を通じた強力なバックアップで、エアウィーヴの目指す”Sleep Technology”をベースとした『睡眠のトータルソリューションカンパニー』への進化を加速できると期待しております。」
 
2017.09.19

コラボレーション

ベネッセスタイルケア『アリア松濤』× エアウィーヴ『シニア世代に健やかな睡眠を──睡眠改善の取り組み』

イメージ
 
「シニア世代の眠りの悩みを軽減したい」ベネッセスタイルケアの介護付有料老人ホーム『アリア松濤』にて、エアウィーヴの導入・分析による睡眠改善の取り組みを開始
 

眠っている時「腰がつらい」、「寝返りする際に目覚めてしまう」など、睡眠時の悩みを抱えるシニア世代が増えています。

 

エアウィーヴは、こうしたシニア世代の眠りの悩みに着目。
質のよい睡眠を通して、よりアクティブな毎日を過ごしていただくため、2017年7月より、ベネッセスタイルケアの介護付有料老人ホームアリア松濤にて、エアウィーヴの導入・分析による睡眠改善の取り組みを開始しました。

左:アリア松濤 導入写真 │ 右:「エアウィーヴ マットレスパッド」

『アリア松濤』は“自宅に近い住空間”と“最上級のおもてなし”がコンセプト。ご入居者様のご希望に応じて、ベッドに「エアウィーヴ マットレスパッド」を導入し、使用前・中・後の睡眠アンケートを実施します。そこで得たデータを分析し、シニア世代の皆様により良い睡眠環境をご提供することを目指します。

2017.08.30

コラボレーション

JAL国際線ファーストクラス、エアウィーヴ 『快適な空の旅に、最高級の眠りを』

 
JALによる“「睡眠」の最高のおもてなし”。国際線ファーストクラスに、エアウィーヴ機能性かけ布団「ハイパーダウン」も採用
 

日本航空(JAL)とエアウィーヴは、「日本の心を込めた、おもてなしの極み」をコンセプトにしたJAL国際線ファーストクラスで、長時間にわたるフライトでのお客さまの身体を快適にサポートし、空の上での“最先端の快眠”を叶えるため、コラボレーションを行っています。

 

以前より導入されているエアウィーヴのマットレスパッドとピローがご好評をいただき、2017年7月より新たに、エアウィーヴの人工羽毛かけ布団「ハイパーダウン」が採用されました。

JAL国際線ファーストクラスシート「JAL SUITE」

今回採用された「エアウィーヴ ハイパーダウン」は、エアウィーヴのこれまでの睡眠研究の成果を詰め込んだ、新しい機能性かけ布団。個々人の好みにあった温度調節が難しい飛行機内でも、蒸れにくくサラッと快適な寝心地を年中実現する保温性に加えて、軽量で吸湿性にも優れた「JAL国際線ファーストクラス特別仕様」となっています。

エアウィーヴ ハイパーダウン

今回のハイパーダウン採用により、JAL国際線ファーストクラスでの機内睡眠に必要な寝具3点すべてがエアウィーヴ製となりました。“最先端の快眠”を、ぜひ機内でもご体感ください。
 

 「エアウィーヴ ハイパーダウン」特集ページ
 JAL国際線ファーストクラスでの採用実績について
 JAL国際線ファーストクラスシート「JAL SUITE」について

2017.07.31

コラボレーション

ヴァイオリニスト 三浦文彰さん 音楽会

エアウィーヴ会長 高岡が30年以上前、家業の日本高圧電気に入社した際にお世話になった 梶田氏(元日本高圧電気副社長)が遺された「カジタ・ミュージックスクール (名古屋市)」の音楽会に、大河ドラマ「真田丸」の曲で有名なヴァイオリニスト 三浦文彰さんがスペシャルゲストとして来てくださいました。

50人ほどの会場は満員、温かい雰囲気の中、ヴァイオリンの生徒さんたちと、一緒にパッヘルベルのカノンを合奏されたり、演奏のアドバイスをされるされるシーンも。

世界的に活躍されるヴァイオリニストの三浦文彰さんは、本日8月27日放送予定の『情熱大陸』にも出演されます。


[プロフィール]
ヴァイオリニスト 三浦文彰
1993年東京都生まれ。3歳でヴァイオリンを始め、6歳より徳永二男に師事。16歳でウィーン私立音楽大学に入学し、パヴェル・ヴェルニコフ、ジュリアン・ラクリンのもとで研鑽を積んだ。2009年、世界最難関と言われるドイツのハノーファー国際ヴァイオリンコンクールで16歳という若さで史上最年少優勝し一躍注目を集める。2016年ヴァイオリンの印象的な音色ではじまるNHK大河ドラマ「真田丸」のメインテーマを弾き話題に。使用しているヴァイオリンは、ストラディヴァリウス1704年製作Viotti。
 
 

 カジタ・ミュージックスクール様 BLOG「三浦文彰さんをお迎えして」

 MBS「情熱大陸」サイト

2017.08.27

コラボレーション

エアウィーヴ × 中部電力 『 夏の快眠・快温検証 』

快適、経済的にエネルギーをご利用いただくために。IoTサービス開発の共同取組みを開始いたしました!
 

エアウィーヴと中部電力は、お客様の日々の暮らしをより快適にサポートするため、
エアコンの利用により快適な睡眠を実現する、新たなIoTサービス開発に向けた検証を実施いたします。
 
エアウィーヴがお客さまの睡眠状態を測定する技術と寝具の快適性の検証、中部電力が電気料金の予測やエアコンの自動操作技術を測定する技術を担当します。

 

「就寝後、エアコンのタイマーが切れると暑くて目が覚める」「エアコンをつけたままで寝ると寒くて目が覚める」など、睡眠時のエアコン利用に関するお客さまのお悩み事は沢山あります。
エアウィーヴと中部電力は、スマートフォンで操作する専用アプリを開発することで、お客さまの快適な睡眠を手軽で経済的に実現するサービスの開発を目指しています。

エアウィーヴ × 中部電力 『 夏の快眠・快温検証 』 広告
2017.06.13

コラボレーション

エアウィーヴ × アイシン 寝具に新素材を 『 快眠素材革命 』

新しい睡眠科学と素材工学により生まれた快適な睡眠のための新素材、それが快眠素材

アイシン精機「ASLEEP」と「airweave」は従来の固定観念に縛られることなく、快眠のために最適な寝具を開発し続けます。

 

自動車部品メーカー アイシン精機株式会社がその技術力を寝具の分野に生かし、眠りの質を追求して生まれたブランド「アスリープ」、睡眠研究を行い イノベーティブな技術で新次元の寝具を提案する「エアウィーヴ」は、寝具ブランドの事業・販売提携することになりました。

両社独自のノンコイル素材、「ASLEEP」のファインレボ、「airweave」のエアファイバーのコラボレーションにより生み出される、寝返りしやすく、環境にも優しい新世代のノンコイル寝具は、多様化する現代の眠りの悩みに対応します。

左:「ASLEEP」ファインレボ 、右:「airweave」エアファイバー

「 中部の地から、眠りの質を高めるノンコイル寝具の良さを世界に伝えたい 」


アイシン精機 専務役員 広瀬隆久氏とエアウィーヴ 代表取締役会長兼社長 高岡本州は「中部の地から、眠りの質を高めるノンコイル寝具の良さを世界に伝えていく」と意気込みを見せています。互いの素材の強みを組み合わせた、耐久性と通気性を兼ね備えたマットレスは、7月に発売予定です。

 

 プレスリリースはこちら
 アイシン精機「アスリープ」 

2017.06.14

コラボレーション

「おもてなしセレクション」2017年度金賞を受賞しました!

「おもてなしセレクション」2017年度金賞に『エアウィーヴ商品群』、エアウィーヴとグループ会社 枕専門店 ロフテーと共同開発、美容家 佐伯チズさん監修の『ビューティーピロー エアウィーヴ×ロフテー produced by 佐伯チズ』が選ばれました。『日本のおもてなしを世界のOMOTENASHIへ』をコンセプトに、優れた日本製品・サービスを世界へ発信するプログラムです。

2017.06.26