airweave コラボレーション

コラボレーション

ヴァイオリニスト 三浦文彰さん 音楽会

エアウィーヴ会長 高岡が30年以上前、家業の日本高圧電気に入社した際にお世話になった 梶田氏(元日本高圧電気副社長)が遺された「カジタ・ミュージックスクール (名古屋市)」の音楽会に、大河ドラマ「真田丸」の曲で有名なヴァイオリニスト 三浦文彰さんがスペシャルゲストとして来てくださいました。

50人ほどの会場は満員、温かい雰囲気の中、ヴァイオリンの生徒さんたちと、一緒にパッヘルベルのカノンを合奏されたり、演奏のアドバイスをされるされるシーンも。

世界的に活躍されるヴァイオリニストの三浦文彰さんは、本日8月27日放送予定の『情熱大陸』にも出演されます。


[プロフィール]
ヴァイオリニスト 三浦文彰
1993年東京都生まれ。3歳でヴァイオリンを始め、6歳より徳永二男に師事。16歳でウィーン私立音楽大学に入学し、パヴェル・ヴェルニコフ、ジュリアン・ラクリンのもとで研鑽を積んだ。2009年、世界最難関と言われるドイツのハノーファー国際ヴァイオリンコンクールで16歳という若さで史上最年少優勝し一躍注目を集める。2016年ヴァイオリンの印象的な音色ではじまるNHK大河ドラマ「真田丸」のメインテーマを弾き話題に。使用しているヴァイオリンは、ストラディヴァリウス1704年製作Viotti。
 
 

 カジタ・ミュージックスクール様 BLOG「三浦文彰さんをお迎えして」

 MBS「情熱大陸」サイト

2017.08.27