airweave コラボレーション

著名人・インタビュー

【インタビュー】ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン 代表理事 小林りんさん

 
新時代を担う子ども達の成長を睡眠で支える。教育界に新風を吹き込む全寮制国際高校「UWC ISAK」とエアウィーヴが考える、子どもの眠りの大切さ

長野県軽井沢町にある高等学校「ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン」(以下「UWC ISAK」)は、2014年に日本初の全寮制インターナショナルスクールとして開校しました。グローバル社会に目を向け、教育界に新風を吹き込む同校は、成長期の子ども達の生活環境の運営にも力を注いでおり、寮の全ベッドに睡眠の質を高める“エアウィーヴ”のマットレスパッドを導入しています。同校代表理事の小林りんさんに、子どもの成長と睡眠についてお話を伺いました。


新時代を担うリーダー「チェンジメ一カ一」を育てる

───UWC ISAKは、これまでになかった新しいかたちの学校として、大きな注目を浴びています。どんな教育理念をお持ちなのでしょうか?
小林 UWC ISAKは、国際社会で活躍する「チェンジメ一カ一」(=社会に変革を起こせるリーダー)を育てるというミッションを掲げています。自らの才能を信じ、リスクや変化を恐れず、新しい価値観を生み出すことに喜びを見出せるような人間こそが各分野のチェンジメーカーとして新しい時代を担っていく。社会が大きく変わるためには、リーダー層の教育が不可欠だと考えています。

───UWC ISAKが大切にしているのは、どんなことでしょうか?
小林 UWC ISAKには、世界58か国から、国籍だけでなく社会経済的にも多様性に富んだ生徒たちが集まっています。様々なバックグラウンドを持つ生徒たちと寝食を共にし、共に学ぶ中で「多様性を活かす力」と「問いを立てる力」、そして「困難に挑む力」という3つの力を育んでほしいと思っています。
多様な生徒たちが共に学ぶ教室

寮の全ベッドに“エアウィーヴ”を導入

───寮のすべてのベッドに、“エアウィーヴ”のマットレスパッドを導入していただきました。生徒たちの反応はいかがでしょうか?
小林 子どもたちも「ぐっすり眠れて、朝ぱっちりと目が覚めるようになった」と違いを実感しているようです。
左:“エアウィーヴ”のマットレスパッドを導入した寮の部屋|右:子どもたちは寝食を共にし切磋琢磨し合う
───エアウィーヴのマットレスパッドは、優れた体圧分散性と寝返りのしやすさが特長。眠りの質を高め、すっきりとした目覚めに導いてくれます。
小林 今までになかった発想から生まれたということで、製品自体も生徒たちにインスピレーションを与えています。

近年、子どもたちへの「眠育」が注目を集め、メディアでも多く取り上げられ始めています。眠育とは、睡眠不足が身体に与える悪影響を医学的に説明し、子どもたちに質の高い睡眠を十分にとるように指導する睡眠教育のこと。エアウィーヴは、睡眠研究の専門家である内田直教授とともに同校を訪ね、生徒達に睡眠の重要性を伝える「睡眠セミナー」を開催しています。


良質な睡眠は子どもの可能性を引き出す

───成長期の子どもにとって、睡眠はとても大切ですね。
内田 ええ。特に心身が発達過程にある子どもたちにとって、睡眠は非常に重要な役割を果たします。睡眠は肉体と脳をともに休ませる働きを持っています。質の良い睡眠を十分に取ることで成長ホルモンが多く分泌され、筋肉や骨の発達を促し、身体の疲れを回復してくれる。集中力や記憶力も高まるため、学力向上にも繋がっていく。そのことを子どもたちに教えたいですね。

───かつては「寝食を忘れて勉学に励む」ことがよしとされた時代もありましたが、勉強にせよ遊びにせよ、睡眠を犠牲にして何かをするというのは格好悪いという意識改革が必要になりそうです。
内田 そう、まずは睡眠時間を確保して、残りの時間をどう配分するか。
小林 健やかな睡眠を意識することで、子どもたちのさらなる可能性が引き出せる。時間だけでなく、睡眠の質にも目を向けるようになったのは、エアウィーヴのお陰です。


子どもたちに睡眠の重要性を伝える「睡眠セミナー」

UWC ISAKで開催された「睡眠セミナー」では、内田直教授が壇上に立ち、最新の睡眠研究や理論を交えながら、睡眠の質と量がいかに私たちの生活に影響するかを伝えました。生徒たちは熱心に聴き入り、健やかな睡眠への意識を高めてくれたようです。
 
内田教授の講義に聴き入る生徒たち
 
 
[プロフィール]
UWC ISAK 代表理事 小林りん

東京都生まれ。経団連の全額奨学金を受け、カナダの全寮制インターナショナルスクールに留学後、大学で開発経済を学ぶ。UNICEF職員として駐在していたフィリピンで見た現実に、リーダー層教育の重要性を痛感。2007年に学校設立を決意し、2014年にISAKを開校。1993年国際バカロレアディプロマ取得、1998年東京大学経済学部卒、2005年スタンフォード大学国際教育政策学修士。

学校法人「ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン」
国際社会で活躍する「チェンジメーカー」の育成をミッションに掲げ、2014年に長野県軽井沢町に開校した全寮制国際高等学校。日本の高等学校卒業資格に加え、国際的な大学入学資格である「国際バカロレアディプロマ」が与えられる。2016年10月に日本初のUWC加盟校として承認を受け、2017年8月に「インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢」より校名変更。略称「UWC ISAK」。
 
 

 「UWC ISAK」他、採用実績(施設・団体等)はこちら
 「UWC ISAK」で開催されたエアウィーヴ主催「睡眠セミナー」詳細
 「ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン」公式サイト
 

2017.11.15

コラボレーション

「アスリープ」×「エアウィーヴ」『快眠素材革命』で、これからの睡眠をかえていく。

 
新世代のノンコイル寝具で、新しい眠りがはじまる。
『快眠素材革命』共同開発製品新発売!

 

100年以上、技術的なイノベーションが起きていない寝具市場。コイルやスプリングといった既存素材に頼らず、先進のテクノロジーとあらゆる研究によって、これまでになかったような“新しい眠り”を実現できないか。

 

そんな想いから、素材にコイルを使わない“ノンコイル寝具”の可能性を追求してきたアイシン精機の寝具ブランド「アスリープ」と「エアウィーヴ」は、2017年4月、新素材寝具によりノンコイル市場を急成長させるため、お互いの販路での販売協力や製品の共同開発を開始しました。

 

共同開発製品の第一弾となるのは、2017年10月12日(木)発売の新型マットレス「ファインレボ&エアウィーヴマットレス」の2モデル。

2017.10.31

コラボレーション

PORTER × エアウィーヴ コラボレーション

吉田カバンのメインブランド PORTERは、エアウィーヴとのコラボレーション商品を発売します。
エアウィーヴの技術をカバンに採用するのは世界初となります。


エアウィーヴの独自素材である「エアファイバー」の技術をストラップや背当てなど、カバン本体の身体に直接触れる部分に芯材として使用しており、一般的な物に比べて身体に吸い付くような使い心地を実現しています。これはエアファイバーの優れた体圧分散によるもので、長時間使用しても疲れにくくなっています。さらに、エアファイバーは通気性が抜群で、身体に接する面が蒸れにくい仕様になっています。

全4型 1色展開:INDIGO BLUE(全て税抜)
アイテム構成はエアウィーヴの特性を活かし、身体に接する面が多いバックパックや、メッセンジャーバック、ボディバックを選びました。

【 本体表地 】
インディゴバックサテンは、タテ糸にナチュラルな風合いのムラ糸をロープ染色にてインディゴ染めしたものと、ヨコ糸にチーズ染色にて硫化ブラック染めしたものとを用いて織り上げたオリジナル生地です。使い込むほどに絶妙なアタリや繊細なタテ落ちが現れる、ヴィンテージデニムのような味わい深い経年変化が特長です。

【 素材 】
エアウィーヴ独自素材の「エアファイバー」の体圧分散や通気性の良さなど高機能な仕様と、お使いいただくほどに経年変化が楽しめる吉田カバンのオリジナル生地が融合したハイブリッドなアイテムです。

【 発売日・受注 】
12月13日(水)よりクラチカ ヨシダ、PORTER STAND、吉田カバンオフィシャルオンラインストアで発売。受注に関しては、一足早く11月3日(金)から店舗(クラチカ ヨシダ、PORTER STAND)にて、11月20日(月)からは吉田カバンオフィシャルオンラインストアにて受付も開始いたします。

【 展開店舗 】
・KURA CHIKA YOSHIDA(表参道・丸の内・大阪)
・PORTER STAND(品川駅・東京駅)
吉田カバン オフィシャル オンラインストア
※PORTER STAND品川駅店では11月3日(金)から19日(日)まで店舗にて本商品に関する特設コーナーを設置いたします。

 

 吉田カバン オフィシャル オンラインストア

2017.10.24

コラボレーション

【リリース】 森トラストより約2億円の普通株式出資を受け第2の成長へ

「睡眠のトータルソリューションカンパニー」への進化

株式会社エアウィーヴは、都市開発やリゾート開発関連事業を中心にビジネス展開する森トラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊達 美和子、以下「森トラスト」)より約2億円の出資を受け「睡眠のトータルソリューションカンパニー」への進化とともに、新たなサービスの開発、IPOを視野に入れた体制強化を図ります。

エアウィーヴは「マットレスパッド」において新市場を創出するなど、革新的な素材をベースに寝具業界にイノベーションを起こし、設立10年あまりで売上高100億円を超える規模に成長しました。さらに機能性かけ布団、ベッドマットレスなど、革新的な商品を継続的に投入し、スマートフォンで睡眠の質を計測する「睡眠アプリ」をリリースする等、近年は「総合寝具メーカー」に変貌しつつあります。

今回の資金調達の目的は以下の通りです。

・ 新商品及び新サービスの研究開発
・ 創業時から国際的研究機関などと継続している「睡眠研究」の更なる強化
成果のビッグデータ解析、IOTなどへの応用
・ 他業種とのアライアンスを含めた新事業開発
・ 海外事業の強化
・  財務体質の改善
・ システム導入や人材確保による内部管理体制強化

 

 
[森トラスト株式会社]
総合ディベロッパーとしてスタートした森トラストグループは、これまで都市開発、リゾート開発関連事業を中心にビジネスを展開。 今後は広く都市に価値をもたらす事業を対象に、事業フィールドを拡大。オープンイノベーションによる新規事業創出を目指す戦略としてスタートアップ企業への出資を新たに始動。
 
 
2017.10.20

コラボレーション

【リリース】 株式会社エアウィーヴ 楽天を引受先とする約12億円の第三者割当増資を実施

第2の成長へ 「睡眠のトータルソリューションカンパニー」への進化 

株式会社エアウィーヴ(東京都中央区八重洲、代表取締役会長兼社長:高岡本州、以下エアウィーヴ)は、このたび楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)を引受先とする、約12億円の第三者割当増資を実施しました。これにより、楽天は創業者に次ぐ主要株主となりました。エアウィーヴが金融機関以外からの外部資金を調達するのは初めてです。これを受けてエアウィーヴは、「睡眠のトータルソリューションカンパニー」への進化とともに、IPOを視野に入れた体制強化を図ります。

エアウィーヴは「マットレスパッド」において新市場を創出するなど、革新的な素材をベースに寝具業界にイノベーションを起こし、設立10年あまりで売上高100億円を超える規模に成長しました。
さらに人工羽毛のかけ布団、ベッドマットレスなど、革新的な商品を継続的に投入し、近年は「総合寝具メーカー」に変貌しつつあります。加えて2016年には、スマートフォンで睡眠の質を計測する「睡眠アプリ」をリリースしました。今回の資金調達の目的は以下の通りです。

■新規事業開発及びR&D
・睡眠に関するビッグデータの解析、及びより精度の高い睡眠計測・より質の高い睡眠環境を提供するためのIOT開発投資
・創業時から国際的研究機関などと継続している「睡眠研究」 の更なる強化と、
その成果のビッグデータ解析、IOTなどへの応用
・他業種とのアライアンスを含めた新事業開発

■海外事業の強化

■財務体質の改善

■システム導入や人材確保による内部管理体制強化

今回の出資に関して、 楽天株式会社 常務執行役員 インベストメカパニー プレジデントで、 楽天の投資事業である 「キャピタル」を統括する高澤 廣志氏は次のように述べています。

 「“Sleep Technology”を核としたエアウィーヴのビジネス構想は注目を集めており、非常に魅力的かつ有望です。今回の出資がエアウィーヴにとって、さらなる技術向上のため、また、国内だけではなく世界に向けてビジネスを拡大するための一助となることを期待しています。」


当社の高岡 本州 は次のように述べています。

「『睡眠負債』という言葉を頻繁に目にするなど睡眠に対する世の関心が高まっている中、エアウィーヴは様々な異業種企業から睡眠に関するコラボレーションのご提案を受けており、これらを通して、事業機会が拡大すると考えております。これらのコラボレーションの実現には先進のIT技術が必要です。今回の出資を通じた強力なバックアップで、エアウィーヴの目指す”Sleep Technology”をベースとした『睡眠のトータルソリューションカンパニー』への進化を加速できると期待しております。」
 
2017.09.19

コラボレーション

【リリース】 株式会社エアウィーヴ、中部電力を引受先とする第三者割当増資を実施

第2の成長へ 「睡眠のトータルソリューションカンパニー」への進化

株式会社エアウィーヴは、このたび中部電力株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施し、エアウィーヴは「睡眠のトータルソリューションカンパニー」への進化とともに、現在実証を進めているエアコンの自動制御による快適な睡眠環境を実現するサービスのリリースに向けた取り組み、さらなる先進的な取り組みや新たなIoTサービスの開発・強化など、多様な技術へのコンタクト、IPOを視野に入れた体制強化を図ります。今回の資金調達の目的は以下の通りです。

■新規事業開発及び研究開発
・スマートフォンアプリの機能で取得した睡眠情報を活用し、個人の睡眠状態に合わせエアコンを自動制御するサービス開発および睡眠に関するデータ検証・解析。 より精度の高い睡眠計測・より質の高い快適な睡眠環境とサービスの充実と発展

・創業時から国際的研究機関などと継続している「睡眠研究」の更なる強化と、成果のデータ解析、IoTなどへの応用や他業種とのアライアンスを含めた新事業開発

■海外事業の強化

■財務体質の改善

■システム導入や人材確保による内部管理体制強化


エアウィーヴは「マットレスパッド」において新市場を創出するなど、革新的な素材をベースに寝具業界にイノベーションを起こし、設立10年あまりで売上高100億円を超える規模に成長しました。
さらに機能性かけ布団、ベッドマットレスなど、革新的な商品を継続的に投入し、スマートフォンで睡眠の質を計測する「睡眠アプリ」をリリースする等、近年は「総合寝具メーカー」に変貌しつつあります。


当社の高岡 本州 は次のように述べています。

「『睡眠負債』という言葉を頻繁に目にするなど睡眠に対する世の関心が高まっている中、エアウィーヴは様々な異業種企業から睡眠に関するコラボレーションのご提案を受けており、これらを通して、事業機会が拡大すると考えております。これらのコラボレーションの実現には先進のIT技術が必要です。今回の出資を通じた強力なバックアップで、エアウィーヴの目指す”Sleep Technology”をベースとした『睡眠のトータルソリューションカンパニー』への進化を加速できると期待しております。」

著名人・インタビュー

【インタビュー】加賀屋 若女将 小田絵里香さん

 
心からの寛ぎと、色褪せない体験を。
“最高のおもてなし”を追求する名旅館「加賀屋」が選んだエアウィーヴの眠り

明治39年創業の石川県和倉温泉「加賀屋」は、プロが選ぶ日本のホテル・旅館で常にトップクラスに選ばれ続けている名旅館。日本一とも称される同宿のおもてなしと最高の眠りへのこだわりについて、若女将の小田絵里香さんに伺いました。


すべての方に心から寛いでいただくために

───加賀屋さんは、素晴らしいおもてなしを受けられる宿として有名です。どんな理念をお持ちなのでしょうか?
小田 お泊りになる方すべてに、心から寛いでいただきたい。それが創業時からの私たちの願いです。一期一会の縁を大切に、お出迎えからお帰りになるその時まで、小さな気配り、心配りを重ねていく。それが加賀屋のおもてなしの基本だと考えています。

───加賀屋さんが考える“最高のおもてなし”とは何でしょうか?
小田 私たちは、何年経っても思い出していただけるような、そんなおもてなしを目指しています。“感動の体験”というものは、おそらく人生の最後の瞬間まで、記憶の中に生き続けるものではないでしょうか。お客様から「あの時食べた食事の味を今でも思い出す」、「雲に抱かれたような不思議な感覚でぐっすり眠れた」といったお話を聞かせていただく時ほど、幸せに感じる瞬間はありません。

全客室に“ワンランク上の眠り”を

───加賀屋さんがはじめてエアウィーヴを導入されたのは、7年前のことでしたね。
小田 はい、2010年12月に特別階「浜離宮」の10室に導入したのが始まりでした。年末年始にご利用くださる方の多くがリピーターのお客様なのですが、加賀屋で過ごすひとときを心から寛いでいただくため、もうワンランク上のサービスをご提供したいと考えていた時に、エアウィーヴの寝具に出会ったのです。
 
2017.10.10

睡眠コラム

スポーツの秋に学ぶ、運動と睡眠の深い関係──内田直教授の睡眠コラム

10月に入り、秋も本番。
高く澄んだ空に涼しい風が吹き抜けるこの季節は、体を動かすのにぴったりのシーズンですね。新たにスポーツを始めようとしている方も、普段から体を動かす習慣がある方も、ぜひ意識していただきたいのが“眠りの力”です。

今回は、睡眠研究の専門家である医学博士の内田直先生に、運動と睡眠の深い関係について伺いました。

一流アスリートはよく眠る? ──アスリートに学ぶ“眠りの力”
睡眠が運動能力、つまり身体のパフォーマンスに与える影響は、とても大きいものです。その事実に特に真剣に向き合っているのが、毎日の厳しいトレーニングで身体を酷使しているアスリートの方々でしょう。

一流アスリートを対象にしたある調査によると、日々の体調管理において「しっかりと眠ること」を重視していると答えた方は全体の約85%と第一位を占めました。その平均睡眠時間は8時間4分と、日本国民の平均睡眠時間(平日の場合7時間15分)を50分近く上回っています[*]。

一流アスリートほど、眠りに対する関心が高く、安眠のための努力に積極的です。なぜなら、必要な休息を取らず身体が十分に回復していない状態では、翌日どんなに厳しいトレーニングに臨んでも、慢性の疲労状態に陥るだけで、意欲もパフォーマンスも低下してしまうことをよく知っているからです。

*NHK放送文化研究所「2015年国民生活時間調査報告書」調べ

2017.10.20

コラボレーション

エアウィーヴ × アイシン 寝具に新素材を 『 快眠素材革命 』

新しい睡眠科学と素材工学により生まれた快適な睡眠のための新素材、それが快眠素材

アイシン精機「ASLEEP」と「airweave」は従来の固定観念に縛られることなく、快眠のために最適な寝具を開発し続けます。

 

自動車部品メーカー アイシン精機株式会社がその技術力を寝具の分野に生かし、眠りの質を追求して生まれたブランド「アスリープ」、睡眠研究を行い イノベーティブな技術で新次元の寝具を提案する「エアウィーヴ」は、寝具ブランドの事業・販売提携することになりました。

両社独自のノンコイル素材、「ASLEEP」のファインレボ、「airweave」のエアファイバーのコラボレーションにより生み出される、寝返りしやすく、環境にも優しい新世代のノンコイル寝具は、多様化する現代の眠りの悩みに対応します。


「快眠素材」
アスリープとエアウィーヴは、独自ノンコイル素材「ファインレボ」、「エアファイバー」を「快眠素材」と名付け、本商品の発売を機に「快眠素材革命」を共同で掲げることで寝具業界のイノベーションを目指します。
 

 「快眠素材革命」サイトはこちら 
 

左:「ASLEEP」ファインレボ 、右:「airweave」エアファイバー



新商品「ファインレボ&エアウィーヴマットレス Rw」「ファインレボ&エアウィーヴマットレス Pw」誕生!

共同開発した新商品「ファインレボ&エアウィーヴマットレス Rw」および「ファインレボ&エアウィーヴマットレス Pw」を全国の家具販売店、百貨店、エアウィーヴ公式webサイト等で販売開始いたします。(2017年10月12日(木) ~)


◆「ファインレボ&エアウィーヴマットレス Rw」
「寝返りのしやすさ」、「通気性」を同時に実現したスタンダードモデル