airweave コラボレーション

エアウィーヴ 『睡眠アプリ』 & ご使用方法

エアウィーヴ 睡眠アプリ『 airweave Sleep Analysis 』 で、見えなかった毎日の睡眠の質がはっきりわかり、改善していくことが可能です!

エアウィーヴが長年続けてきた、IMGアカデミーの学生やトップアスリート、エアウィーヴ使用者を対象にした睡眠研究で蓄積したデータと、個別身体情報を測定して分析・製品化する技術を、今回の睡眠アプリ開発に活用しています。


【 ご使用方法 】
使い方は簡単!アプリを起動したスマートフォンを枕元において眠るだけで、睡眠中の身体の動きを感知して、睡眠状態を計測します。

(1) スマートフォンを電源につなぎます。
他の睡眠アプリと同様に通常よりもバッテリーを消費します。バッテリー切れの予防の為、電源ケーブルに接続してお使いください。


(2) アラームの時刻をセットして「Start」をタップ。
アラームの初期設定では起床時刻が設定できます。

【 アラーム上級設定 】

朝、浅い眠り時にアラームで起こす機能の設定方法

あらかじめセットした起床時刻の付近で眠りが浅い時に起こしてくれる機能(*)を搭載しています。すっきり目覚め、気持ち 良く一日をスタートしたい方におすすめです。

人の眠りには浅い眠り「レム睡眠」と深い眠り「ノンレム睡眠」の2種類があり、周期で繰り返される眠りのリズムで、通常 眠りの浅い状態である「レム睡眠」時にアラームがなると、目覚めやすく起きやすいと言われています。

①下部メニューの歯車アイコンより「設定」画面へ 
②「アラームタイプ」で「睡眠サイクル」を選択 
③睡眠サイクル10分、15分、 20分、30分のいずれかを選択

*iPhoneに内蔵される加速度センサーを利用して、ベッド横で起こる振動を感知。その振動具合によって「レム睡眠か」「ノンレム睡眠か」を予測し、最適なタイミングでアラームを鳴らす仕組みです。


(3) 2時間以内の行動をチェックして測定を開始します。
これらの項目は睡眠の深さなどに影響があるため、睡眠の状態から行動を変えていくことなどに役立ちます。


(4) スマートフォンを枕元に置きます。
睡眠アプリ『airweave Sleep Analysis』は、睡眠中の体の動きを感知して睡眠状態を計測します。
床などに置くと体の動きを感知できないため、必ず体の下に敷いた寝具の上にスマートフォンを置いてください。


(5) 設定時刻にアラームが鳴ります。

(6) ボタン「Stop」を押して測定を停止してください。

(7) 睡眠状態を確認します。

記録された「睡眠サイクル」睡眠時間、覚醒時間、睡眠効率、寝つき、眠りの深さの5項目をレーダーチャートにてフィードバック。あなたの睡眠を見える化します。

※アプリメニューの設定よりセンサーの感度(弱い、普通、強い)が調整できます。グラフ等の表示が出ない場合は、センサーの感度を調整してください。


【 メニューについて 】

睡眠アプリ下部のメニューから「睡眠の深さ」など様々な内容を確認することが可能です。


【 よくあるご質問 Q&A 】
https://coop.airweave.jp/news/app_qa.php



【 アプリ会員様特典 】

会員登録をしていただくことで、モニターキャンぺーン、イベント、クーポン等のお得な情報や、専門家による睡眠コラム、エアウィーヴご使用者インタビューなど最新の情報をお知らせします。

ログイン時に「会員登録」ボタンより登録いただくか、アプリ下部メニューの歯車マークをクリックし、表示された設定画面から「会員情報の変更」でメールアドレス等入力いただくことで登録完了です。(※会員登録が完了しますと次回アプリご利用時に右上にご自身の「会員ID」が表示されます。)


【 睡眠アプリ ダウンロード 】
睡眠アプリダウンロードはこちらから

 iPhoneをご利用の方
 アンドロイドをご利用の方

 
 

◆◆◆ 『睡眠アプリ』ダウンロードキャンペーン開催中  ◆◆◆ 

キャンペーン期間中に『睡眠アプリ』(airweave Sleep Analysis)をダウンロード&会員登録くださった方から抽選で20名様に『エアウィーヴ ピロー S-LINE』をプレゼント!
エアウィーヴ公式オンラインショップで利用できる「クーポン」や、「睡眠アプリ」CMに出演する浅田真央さんのオリジナルQUOカードのプレゼントも。

 キャンペーン詳細はこちら

2018.06.29