airweave コラボレーション

睡眠コラム

眠りが深い人はなぜ美しいのか? ~快眠は最高の美容法〜

仕事に家事にプライベートに、日々忙しく生活している現代の女性たち。

今回の睡眠コラムでは、多忙な毎日を送りながらも美しくありたいと願う方々に向けて、睡眠と美容の深い関わりと、眠りから美しくなる方法についてお話しします。


十分に眠れていない日本の現代女性たち
朝早く出勤し、夜遅く帰宅。家事を終え、しばらくスマホを眺めて深夜に就寝……。
短い睡眠時間や夜更かしが美容によくないと感じながらも、そうした慌ただしい生活を続けている女性は少なくありません。お肌のために、できればたっぷり眠りたい──。そうは思っても、今以上に睡眠時間を増やすことは、大半の人にとって簡単な話ではないというのが実情です。

日本に暮らす人々は、諸外国に比べても、特に睡眠時間が短いというデータがあります。日本では、十分な睡眠をとれていない「睡眠不足症候群」の人が多く、各国の平均睡眠時間は、フランス8.7時間、アメリカ7.5時間に対し、日本は6.5時間。さらに、日本では睡眠時間が6時間に満たない人が約40%もいると言われています。また、「眠りたい時間」と「実際の睡眠時間」の差が諸外国に比べて大きいとの調査結果も。つまり、日本では「もっと眠りたいのに眠れていない人」が多いのです。


眠りから美しくなるには──睡眠の質に目を向けよう

美容や健康のためには、なるべく適切な睡眠時間を確保したいもの。しかし、忙しくて十分な睡眠時間が確保できないからといって、失望することはありません。

忙しくても美しくありたい方に特に意識していただきたいのが睡眠の“質”です。ぐっすり眠って睡眠の質をあげることは、眠りが持つ力を大きく高めることが分かっています。忙しい方は毎日の睡眠時間を十分に確保するのが難しいからこそ、限られた時間の中でいかに睡眠の質を高めるかが重要になってきます。
 

眠りが深い人は美しい──睡眠と美容の深い関わり
美容にとって、良質な睡眠はなぜ大きな意味を持つのでしょうか?

2018.05.22

睡眠コラム

睡眠で夏バテ知らず!?〜暑い夏を乗り切る睡眠の秘訣〜

太陽の光が日増しに強くなり、夏の厳しい暑さが続く毎日。海に山に、楽しいイベントが多いシーズンですが、猛暑や寝苦しい夜が続くと、体調を崩してしまう方も増えてきます。いわゆる「夏バテ」に負けないためには、夏ならではの睡眠対策をとることが大切です。

今回は、暑い夏を乗り切るための睡眠の秘訣についてお話しします。

2018.08.03

睡眠コラム

月曜の憂鬱にさよなら! 一週間を爽やかに始めるための休日の眠り方とは?

週末が終わりに近づく日曜の夜。「ああ、また月曜が来る……」と憂鬱になったことのある方は多いのではないでしょうか。翌朝目が覚めると「もう月曜が来てしまった……」と気が沈む。こうした“月曜の憂鬱”は「ブルーマンデー」と呼ばれています。

今回の睡眠コラムでは、ブルーマンデーに陥らずに、一週間を爽やかに始めるための休日の眠り方についてお話しします。


月曜の憂鬱を握るカギは休日の眠り方にある
楽しい週末はあっという間。更けていく日曜の夜に時計を眺め、「いま寝てしまえば、楽しかった休日も終わり。目覚めたら、もう仕事だ……」という気持ちから眠りにつくことを惜しんで、夜更かししてしまう人は少なくありません。こうした日曜の夜更かしは、翌朝のブルーマンデーをより悪化させてしまう原因になります。

実は、ブルーマンデーは週末の眠り方によってコントロールできると言われています。睡眠の特性を意識し、週末の眠り方を変えるだけで、月曜の憂鬱を軽減することができるのです。

2018.07.02

睡眠コラム

Nap York × エアウィーヴ

眠らぬ街NYに誕生した、休息のためのオアシス「Nap York」にエアウィーヴが導入

 

近年、ビジネスシーンにおいて、“パフォーマンスを高めるための睡眠”に関心を持つ人が増えています。そんな中、注目を集めているのが「パワーナップ(power-nap)」と呼ばれる“リチャージのための仮眠”です。15分から30分の仮眠には、眠気を払拭するだけでなく、集中力や作業効率のアップ、心身ともにリフレッシュできる効果もあることから、数多くの人が取り入れ始めています。

エアウィーヴは2018年2月、ニューヨークに誕生した仮眠を専門としたクラブ「Nap York」とのコラボレーションを開始し、同店の仮眠用ポッド(Nap Pod)にエアウィーヴのマットレス、ピロー、掛け布団を導入しました。

エアウィーヴの寝具が快眠へ導く「Nap Pod」。利用は30分10ドルの時間制
2018.04.18

睡眠コラム

世界が注目する“睡眠負債”とは?

世界のビジネスリーダーも注目する睡眠の力
かつて、寝る間を惜しんで仕事や勉強に励むことは、努力や情熱の象徴として称えられることも少なくありませんでした。しかし、それはもう時代遅れと言えそうです。

近年、睡眠研究者たちによって、不十分な睡眠による恐ろしい影響や睡眠の重要性に光があたるようになり、世界の意識が変化してきています。

今回の睡眠コラムでは、睡眠をめぐる世界の動きと、特に注目が高まる「睡眠負債」についてお話しします。

2018.03.15

睡眠コラム

『新生活のはじまり。変化に強い心身をつくる快眠講座』 医学博士 千葉伸太郎先生の睡眠コラム


少しずつ日が長くあたたかくなり、草木が芽吹きはじめる春。新年度が春に始まる日本では、進学や就職、異動、引っ越しなど、社会生活においても、春は新しいスタートの季節です。

新生活における環境の変化やストレスに負けず、毎日をアクティブに過ごすためには、変化に強い身体をつくることが大切。そのために重要なのが、実は睡眠だということをご存知でしょうか?

今回は、睡眠研究の専門家である医学博士の千葉伸太郎先生に、心と身体のコンディションを整える“快眠の力”について伺いました。

2018.02.20

睡眠コラム

『快眠は恋に効く。脳科学者がひもとく恋愛と睡眠の関係』 黒川伊保子先生の睡眠コラム

まだ寒さが続く2月のホットなイベントといえば、バレンタインデー。
新しい年を迎える準備なども落ち着き、大切な人や気になる人とのコミュニケーションについて、ゆっくり考えをめぐらすには、よいタイミングかしれません。

私たちの究極のコミュニケーションのひとつとも言える“恋愛”──そのあり方には、脳と密接に関わる“眠り”が大きな影響を与えているという説があります。
今回は、脳科学者の黒川伊保子先生に、恋愛と脳と睡眠の密接な関係について伺いました。

2018.01.30

睡眠コラム

季節の変わり目にも負けない身体へ。自律神経のバランスを整え、快眠を叶える睡眠環境とは?

暦が冬に入り、冷え込む日が増えてきました。
季節の変わり目は、気温など身体を取り巻く環境の変化が大きく、自律神経のバランスや体調を崩しやすいと言われています。こうした身体の負担が増す時期には、特に睡眠の質を高めて身体のコンディションを整え、抵抗力を上げることが大切です。
今回はぐっすり眠るための睡眠環境の整え方をご紹介します。

2017.11.30

睡眠コラム

スポーツの秋に学ぶ、運動と睡眠の深い関係──内田直教授の睡眠コラム

10月に入り、秋も本番。
高く澄んだ空に涼しい風が吹き抜けるこの季節は、体を動かすのにぴったりのシーズンですね。新たにスポーツを始めようとしている方も、普段から体を動かす習慣がある方も、ぜひ意識していただきたいのが“眠りの力”です。

今回は、睡眠研究の専門家である医学博士の内田直先生に、運動と睡眠の深い関係について伺いました。

一流アスリートはよく眠る? ──アスリートに学ぶ“眠りの力”
睡眠が運動能力、つまり身体のパフォーマンスに与える影響は、とても大きいものです。その事実に特に真剣に向き合っているのが、毎日の厳しいトレーニングで身体を酷使しているアスリートの方々でしょう。

一流アスリートを対象にしたある調査によると、日々の体調管理において「しっかりと眠ること」を重視していると答えた方は全体の約85%と第一位を占めました。その平均睡眠時間は8時間4分と、日本国民の平均睡眠時間(平日の場合7時間15分)を50分近く上回っています[*]。

一流アスリートほど、眠りに対する関心が高く、安眠のための努力に積極的です。なぜなら、必要な休息を取らず身体が十分に回復していない状態では、翌日どんなに厳しいトレーニングに臨んでも、慢性の疲労状態に陥るだけで、意欲もパフォーマンスも低下してしまうことをよく知っているからです。

*NHK放送文化研究所「2015年国民生活時間調査報告書」調べ

2017.10.20

睡眠コラム

“食欲の秋”を楽しむ秘訣は眠りにあり?!──美とスリムを保つ睡眠講座

朝夕に涼しい風が吹きはじめる9月。
秋の味覚が次々と旬を迎え、食卓がにぎやかになる季節がやってきました。夏の暑さで鈍っていた食欲も戻り、美味しさのあまり、ついつい食べ過ぎてしまいがちですね。

 

食欲と太りやすさは、実は睡眠と深い関係があることをご存知でしょうか?
今回は、健やかに“食欲の秋”を楽しむための“眠りの力”についてお話しします。

 

睡眠不足で太るって本当?──眠りとホルモンの気になる関係

近年、「睡眠不足が体重増加を招く」ことを示す研究報告が国内外の医学研究機関から数多く発表されるようになりました。たとえば、「睡眠時間が5時間未満の人は7〜8時の人に比べ、肥満になるリスクが4割増す」、「短時間睡眠の女性は、肥満度を表すBMI値が高い」といった調査結果が明らかになっています。

 

それでは、睡眠不足はなぜ体重増加を招くのでしょうか?
そのカギは、眠りとホルモンの関係にあります。

①十分な睡眠は、食欲をつかさどるホルモンのバランスを整えてくれる

私たちの食欲は、胃から分泌され食欲を高めるホルモン「グレリン」と、脂肪細胞から分泌され食欲を抑えるホルモン「レプチン」のバランスによってコントロールされていますが、睡眠が不足すると、このふたつのホルモンのバランスが乱れて、過食や暴食を招いてしまいます。夜更けまで起きていて、なぜか空腹にかられ、本当は必要のない夜食を食べてしまった経験はありませんか? 良い眠りは、生活習慣病の予防にもつながるのです。

 

②美とスリムを保つ「成長ホルモン」は、良質な眠りの中でつくられる

細胞の成長や脂肪の分解、コラーゲンの形成などに深く関わる「成長ホルモン」が分泌されるのは、良質な眠りの最中。いつもなら寝ている時間に起きていると、ほとんど分泌されなくなってしまうとの研究報告もあります。成長ホルモンの分泌が減ると、肌の老化を早めるとともに、代謝が落ちて体脂肪を溜めやすくなってしまいます。

2017.09.20