airweave コラボレーション

著名人・インタビュー

【インタビュー】スピードスケート選手 小平奈緒さん

 
昨日の自分を超えるために。スピードスケート選手、小平奈緒さんが見つけた理想の睡眠とは?

スピードスケート界のエースとして、国内外の500mレースで現在24連勝を重ね、2017年W杯1000mで世界新記録を樹立するなど、目覚ましい活躍を見せている小平奈緒選手。トップアスリートとして“理想の睡眠”を追求する小平さんに、お話を伺いました。
 

実力を出し切れるかどうかは睡眠が左右する

───睡眠に高い関心を持っていらっしゃるそうですね。
小平 2014年、スケート王国として知られるオランダへ単身渡り、トレーニングや栄養に関する知識と経験を深めてきました。自分に必要な練習や休息を自ら考えて選べるようになり、実力を出し切るために欠かせない要素として見えてきたのが、睡眠の大切さでした。

───エアウィーヴとの出会いを教えてください。
小平 眠りの質を高めようと、先輩選手に寝具の相談をしたところ、「低反発の寝具は体が硬直して寝返りが打ちづらいので、高反発のものがよい」と勧められて知ったのがエアウィーヴでした。早速エアウィーヴ製品を使用し、コンディションの違いを実感しました。

───アスリートとして寝具に求めるものは何でしょうか?
小平 練習や試合の後は特に筋肉が火照っているので、通気性がよく、寝返りの際に体に密着せず、高反発でほどよく体を支えてくれるものがいいですね。その点、エアウィーヴは理想的なんです。


様々な場面でエアウィーヴ製品を愛用しています

───今では、様々なエアウィーヴ製品を愛用してくださっていますね。それぞれの使用感はいかがでしょうか?
小平 日常的に使っている「エアウィーヴ 四季布団 和匠・二重奏」は、厚みや硬さ、反発具合がちょうどよく、体の血流を妨げるようなストレスを感じません。肩や腰への負担が減り、とても助かっています。
エアウィーヴ 四季布団 和匠・二重奏
小平 海外遠征にも持参している「エアウィーヴ ピロー S-LINE」は、中心のくぼみに自然と頭の位置が定まるので、仰向けで寝やすくなりました。以前は疲れると首の位置が定まらず、枕から首がはみ出して寝違えることも多かったのですが、そういった心配がなくなりました。
左:エアウィーヴ ピロー S-LINE│右:エアウィーヴ ハイパーダウン シリーズ
小平 機能性かけ布団「エアウィーヴ ハイパーダウン シリーズ」は、寝返りをうっても体を常に包んでくれるのが、安心感があっていいですね。以前使っていたものは、寝返りの度にずれてしまい、夜中に寒さを感じて起きてかけ直すことが多かったんです。
移動時に愛用している「エアウィーヴ 座クッション」
小平 遠征時の飛行機やバス移動の際は、腰やお尻周りの筋肉が固まらないように「エアウィーヴ 座クッション」を愛用しています。以前は座席の中でお尻を左右に移動させたり、コンプレッションタイツを履いたり、移動後にマッサージしたりといった対策をしていたのですが、座クッションを使用してからは血流が妨げられにくくなり、移動時の悩みが減りました。


昨日の自分を超えて100%の実力を出し切りたい

───最後に、今後の抱負についてお聞かせください。
小平 「日々、自分超え」をモットーに、これまで歩んできました。目を向けているのはライバルではなく、どこまでも自分。実力を出し切ることができたのなら、順位が何位であれ、それが最上の結果です。これからもアスリートとして100%の実力を出し合う勝負を重ねていきたいと思っています。
 
 
[プロフィール]
スピードスケート 小平奈緒選手

1986年長野県生まれ。姉の影響で3歳でスケートを始める。2006年W杯に初出場後、世界を舞台に活躍を続け、2年間のオランダ留学より2016年帰国。2017年世界距離別選手権500m初制覇、同年世界スプリント選手権で日本女子初となる総合優勝に輝き、W杯1000mで世界新記録を樹立するなど、輝かしい成績を重ねるエース。2018年には3度目のオリンピックに挑む。
 
エアウィーヴはJOCオフィシャル寝具パートナーです
 

 小平奈緒さんご愛用の「エアウィーヴ 四季布団 和匠・二重奏」はこちら
 小平奈緒さんの「エアウィーヴによる寝具を通したサポート」記事はこちら
 小平奈緒さん オフィシャルサイト
 「エアウィーヴ 平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック日本代表選手団 応援キャンペーン」」はこちら(1月17日10時~公開)

2018.01.15

著名人・インタビュー

『社長名鑑』 エアウィーヴ 代表取締役会長兼社長 高岡 本州 インタビュー

日本を代表する200社以上の上場企業や急成長中の未上場企業の社長のインタビュー動画を掲載する『社長名鑑』では、「事業内容」・「経営戦略」・「働く環境」といった企業情報から、「社長の価値観」・「信条」・「成功談」・「苦労談」といったパーソナルな情報まで紹介。企業力、これを体現するトップの魅力を伝えています。

インタビューの中で、高岡が二足のわらじ(日本高圧とエアウィーヴ)をはくに至るまでの経緯や、エアウィーヴの事業内容・経営戦略、急成長の裏側、そして就職希望者へのメッセージを語っています。

2017.12.28

コラボレーション

JINS×エアウィーヴ『集中をサイエンスする。会員制ワークスペース「Think Lab」で“最高のパワーナップ”を』

 
“世界一集中できる環境”を追求するJINSの会員制ワークスペース「Think Lab」に「エアウィーヴ 四季布団」を導入

 

近年、クリエイティブワーカーを中心に、「パワーナップ(power-nap)」と呼ばれる“リチャージのための仮眠”が注目を集めています。短時間の昼寝には、作業効率や集中力など、午後のパフォーマンスをUPする働きがあると言われています。

 

JINSとエアウィーヴは、2017年12月1日よりコラボレーションを開始し、“世界一集中できる環境”を追求するJINSの会員制ワークスペース「Think Lab(シンク・ラボ)」に「エアウィーヴ 四季布団」を導入しました。集中できる環境を求める方々に、最新の睡眠研究から生まれた寝具による“最高のパワーナップ”を提供し、集中力の向上をサポートします。

2017.12.20

Season's Greetings from airweave

Sincere thanks  for your loyalty  throughout the year.
"airweave" wishes you a happy holidays!
The secret to happiness lays all in a good night's sleep


素敵なホリデーシーズンをお迎えください & よい初夢を !

 

昨年好評でした福袋を今年も販売いたします。人気のピローからエアウィーヴを代表するマットレスパッドなど快眠に必要なアイテムが全て揃った福袋です。数量限定のため、早々に売切が予想されます。ご希望の方はお早めにご注文ください。

2017.12.25

キャンペーン

集英社「ジャンプSQ.」×エアウィーヴ 10周年コラボ企画!

ともに10 周年を迎える「ジャンプSQ.(スクエア)」と「エアウィーヴ」が夢のコラボレーション!

漫画×寝具。
集英社「ジャンプSQ.」とエアウィーヴ。
普段交わることのない両社による10周年コラボが実現!


同じ大学の同級生だった二人は、今年、全く別々の会社で新社会人となった。
それぞれが社会人1年目の経験を積む中、運命的なキッカケから、再びタッグを組むことを決意。企画の立案、宣伝、プレゼントまで全て、新入社員だけで手がけた初めての社会人企画。
今回は、大人気漫画「双生の陰陽師」特別描き下ろし漫画と、お昼寝用枕「ナピロー」のコラボ特別仕様をご用意しました!!

 

 プレゼント 
このコラボ企画だけでしか手に入らない、特別仕様のお昼寝専用枕「ナピロー」!!
 "ジャンプSQ. ロゴ入り”『ナピロー』特別仕様を、抽選で 100名様に プレゼント!
 

 

働き盛りの20代~30代を中心に支持を集めている「ジャンプSQ. (ジャンプスクエア)」とのコラボレーションを通して、睡眠時間が少ないと言われている現代人に特にオススメしたいものは「お昼寝」。

お昼寝には脳の活動を活発にし、パフォーマンス力を向上させる働きがあります。
限られたお昼休みの時間で簡単にお昼寝ができるアイテムとして、「ナピロー」を詳しくご紹介! 腕にはめるだけで、オフィスのデスクが簡単にお昼寝スペースに早変わり!
 

 ご応募方法はこちら 
※キャンペーンは終了いたしました。沢山のご応募ありがとうございました。
 


 

​​​​ 助野嘉昭先生『双星の陰陽師』特別描き下ろし! 

コラボレーションを記念して、マンガ家の助野嘉昭先生に、「ジャンプSQ.」で大人気連載中の『双星の陰陽師』特別編を描き下ろしいただきました!
紅緒が新しい寝具を買いたいとろくろに相談すると、ろくろには意外な考えが、、、!?

 『双星の陰陽師』ろくろと紅緒の甘酸っぱい共同生活 とは?


 新入社員 プロジェクト ストーリー 

新入社員5人が今回の10周年記念企画の舞台裏を大公開!?
今回のコラボのきっかけやコラボを実現するために行った仕事内容などを、対談記事にてご紹介!!
メンバーたちが初めての企画を通して、どんな仕事をし、何を学んだのか?

入社半年の新社会人のリアルにせまる!(対談) 

 

 
 

集英社「ジャンプSQ.」×エアウィーヴ 10周年コラボ企画!

【1】夢のコラボ企画 TOPへ戻る
【2】プレゼント! & お昼寝のすすめ  
【3】新入社員 プロジェクト ストーリー  
【4】10周年記念『双星の陰陽師』特別描き下ろし  
 

 
2017.12.04

ふるさと納税

エアウィーヴは”ふるさと納税でも”地域を応援しています!
エアウィーヴの要となる工場や発祥の地の地元自治体をふるさと納税の返礼品の提供にて支援しています。


  愛知県 幸田町  

エアウィーヴは愛知県幸田町で生まれ、現在も、主力の工場や物流センターのあるこの町で、200名を超える従業員が働いています。これからも幸田町とともに発展していきたい。その想いから、幸田町のふるさと納税の返礼品としてエアウィーヴのマットレスパッドやピローなどを提供しています。
寄附は『楽天ふるさと納税』『ふるさとチョイス』のサイトからお申し込みください。
 

 楽天 ふるさと納税 [外部サイト]

 ふるさとチョイス 愛知県幸田市 [外部サイト]



          
  愛知県 大府市  

愛知県大府市は愛知県西部に位置する、「健康都市」を基本理念とした、多くの自然 に囲まれた美しい街です。 この大府市は、エアウィーヴ誕生の地で、現在はグループ会社が本社を構え、200名 以上の従業員が働いています。 これからも大府市とともに発展していきたい。わたしたちは、そう考えます。応援い ただける皆さまからの寄附金は、「健康都市 大府」の実現のために使用させていた だき、 謝礼としてエアウィーヴのマットレスパッドやピローなどを贈呈させていただきま す。
寄附は『ふるさとチョイス』のサイトからお申し込みください。

 ふるさとチョイス 愛知県大府市 [外部サイト]



   福岡県 大刀洗町  

大刀洗(たちあらい)町は、九州北部にある、長閑な田園風景が広がる緑と自然にあ ふれた町です。この大刀洗(たちあらい)町は、エアウィーヴのグループ会社の九州中国四国エリア の出荷生産の拠点となっています。 これからも大刀洗町を応援したい。わたしたちは、そう考えます。応援いただける皆 さまからの寄附金は、大刀洗町の活性化のために使用させていただき、 謝礼としてエアウィーヴのマットレスパッドやピローなどを贈呈させていただきま す。
寄附は『さとふる』のサイトからお申し込みください。

 さとふる 福岡県大刀洗市 [外部サイト]

 

2017.12.21

著名人・インタビュー

【インタビュー】美容家/生活アドバイザー 佐伯チズさん

良質な眠りが、体の内側からの美しさをもたらしてくれる。美容家/生活アドバイザーの佐伯チズさんが考える「睡眠と美容」の深い関係

「人はいくつになってもキレイになれる」という信念のもと、美容家/生活アドバイザーとして幅広くご活躍されている佐伯チズさんは、健やかな美しさを保つために欠かせない要素として、眠りの大切さを強く意識していらっしゃいます。佐伯さんが考える「睡眠と美容」の関係やエアウィーヴとの出会いについて、お話を伺いました。

 
2017.12.11

睡眠コラム

季節の変わり目にも負けない身体へ。自律神経のバランスを整え、快眠を叶える睡眠環境とは?

暦が冬に入り、冷え込む日が増えてきました。
季節の変わり目は、気温など身体を取り巻く環境の変化が大きく、自律神経のバランスや体調を崩しやすいと言われています。こうした身体の負担が増す時期には、特に睡眠の質を高めて身体のコンディションを整え、抵抗力を上げることが大切です。
今回はぐっすり眠るための睡眠環境の整え方をご紹介します。

2017.11.30

著名人・インタビュー

【インタビュー】ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン 代表理事 小林りんさん

 
新時代を担う子ども達の成長を睡眠で支える。教育界に新風を吹き込む全寮制国際高校「UWC ISAK」とエアウィーヴが考える、子どもの眠りの大切さ

長野県軽井沢町にある高等学校「ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン」(以下「UWC ISAK」)は、2014年に日本初の全寮制インターナショナルスクールとして開校しました。グローバル社会に目を向け、教育界に新風を吹き込む同校は、成長期の子ども達の生活環境の運営にも力を注いでおり、寮の全ベッドに睡眠の質を高める“エアウィーヴ”のマットレスパッドを導入しています。同校代表理事の小林りんさんに、子どもの成長と睡眠についてお話を伺いました。


新時代を担うリーダー「チェンジメ一カ一」を育てる

───UWC ISAKは、これまでになかった新しいかたちの学校として、大きな注目を浴びています。どんな教育理念をお持ちなのでしょうか?
小林 UWC ISAKは、国際社会で活躍する「チェンジメ一カ一」(=社会に変革を起こせるリーダー)を育てるというミッションを掲げています。自らの才能を信じ、リスクや変化を恐れず、新しい価値観を生み出すことに喜びを見出せるような人間こそが各分野のチェンジメーカーとして新しい時代を担っていく。社会が大きく変わるためには、リーダー層の教育が不可欠だと考えています。

───UWC ISAKが大切にしているのは、どんなことでしょうか?
小林 UWC ISAKには、世界58か国から、国籍だけでなく社会経済的にも多様性に富んだ生徒たちが集まっています。様々なバックグラウンドを持つ生徒たちと寝食を共にし、共に学ぶ中で「多様性を活かす力」と「問いを立てる力」、そして「困難に挑む力」という3つの力を育んでほしいと思っています。
2017.11.15